ホーム > 神社からのお知らせ

夏越の大祓~ 茅の輪が完成!新たな取り組みも ~

一年の半分を迎える、明日6月30日(金)午後6時より「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」を執り行います。

本日、早朝より潔斎した神職が茅を刈り取り、「茅の輪」の奉製にとりかかり、先程完成いたしました。

また、今回の「夏越の大祓」では、清浄な射水川の〝斎水(いみづ)〟を用いて「人形代(ひとかたしろ)祓え」を、初めて行います。

本来、「大祓」は6月と12月末に行われ、半年間の罪穢れを神々のお力によって祓い清め、人間本来の清浄な心身に復する意味があり、平安時代には既に確立されていた国家行事(お祭り)です。

現在も宮中や伊勢の神宮、全国の神社でも行われ、清浄を貴ぶ日本人にとって大切な神事として伝わっています。

特に6月30日には、「茅の輪」くぐりと共に、人形代によるお祓いが行われ、その祝詞の最後にも、神職が「川に災厄を持っていき流す」と記され、本来は川辺で神事が執り行われていました。

しかしながら、今日では、全国の神社の多くで、河川に人形代を流すことは出来ず、お祓いの後は焼納することで代えられている現状であり、当社でも諸社同様に行われてきました。 

このような中で、当神社では、より本来の姿により近付けるため、『万葉集』を編纂して生誕1300年となる大伴家持が詠み、当社に関しても所縁が深い「射水川」の水を汲み用い、大祓に初めて使用することとしました。

 明日の早朝、射水川(現在の小矢部川河口)に行き、檜桶に水を汲み、夕刻の神事では社殿前の檜樽に射水川の水を注ぎ湛え、清浄な〝斎水〟として用意します。 

午後6時から斎行の大祓では、茅の輪くぐりの後、自身の災厄・罪穢れを移して手にする「人形代」を檜樽の水に参列者それぞれが浮かべてお祓いいただけます。

ぜひ、ご家族お友達、ご一緒にお参り下さい。

完成した「茅の輪」

新たに用意された「斎串御幣(いぐしごへい)」

紅白の梅が共演 見頃です

御神木である境内の「紅梅」と、対で植栽されている白梅が見頃を迎えています。

昨日の冷たい雨風で心配されましたが、紅白とも花弁が落ちることなく、雨で洗われた澄んだ空の下、咲き誇っています。

紅梅と白梅

八重の紅梅

色鮮やかに

白梅

第一鳥居と

カメラを手に

平成29年も、梅だより

ご崇敬ご参拝の皆様のお蔭をもちまして、日々のお祭りも恙なく執り行うことが出来ますこと、心より厚く御礼申し上げます。

北陸の冬の厳しい寒さも少しずつ和らいで、春の気配もいよいよ感じられつつあります。

季節の変わり目ゆえ、皆様には、お身体ご自愛いただかれまして、射水の大神様のお見守りのもと、ますますに〝 幸 〟多き日々をお過ごしになられますことを切にお祈り申し上げます。

本年も随時、御神木「八重の紅梅」の開花状況をお知らせ致します。

紅梅と第一鳥居

すでに少しずつ開花しています

御神木「八重の紅梅」

8/7 午後3時より『七夕祭』を斎行

明日午後3時より『七夕祭』を初めて執り行います。

拝殿前の笹竹にも彩り豊かな吹流しや七夕飾りはじめ、多くの短冊が結ばれ、境内は華やかな雰囲気に包まれています。

明日は七夕にちなんだ食材がご神前に供えられ、巫女による神楽舞が奉納されます。

どなたでもご参列いただけますので、ぜひお参りください。

あ

 

い

 

う

 

高岡七夕まつりが開幕

本日より7日まで、高岡の街中では、「七夕まつり」が賑やかに催されております。

当射水神社でも社殿や境内に七夕飾りをし、皆さまのお参りをお待ち申し上げております。

「願い短冊」もご用意しておりますので、ぜひお書入れ、祈念の後、笹竹にお結びください。

あ

第一鳥居前

い

外拝殿前

まってるよー☆

まってるよー☆

奉納書道展 表彰式

昨日、午後3時より、奉納奉告祭並びに筆感謝清祓祭に引き続いて、参集殿で表彰式を行いました。

前回より26点多い1,072点の作品が寄せられた今回、表彰式には約200名の方にご参列いただき、各受賞者へ賞状と記念品が手渡されました。

また、この日は、〝 ふうたん 〟もお祝いに駆け付け、満面の笑みで作品と一緒に記念写真を撮る光景がとても印象的でした。

皆さん、本当におめでとうございます。

来年もたくさんの出品をお待ちしております。

表彰式

表彰式

表彰状の授与

表彰状の授与

表彰式 練習のひとコマ

表彰式 練習のひとコマ

おめでとー♪

おめでとー♪

IMG_0501

 

 

奉納書道展開催中!七夕の飾り付けも始まる

第37回の奉納書道展は、昨日より開催されており、本日もたくさんのお子さん方がご家族とお参りし、作品を見に来てくれました。

今回の出品総数は1,072点で、どれも心のこもった力作揃いです。ぜひ、ご覧にいらして下さい。

また、本日より七夕の飾り付けが始まりました。

これは日本海側随一の規模を誇る『高岡七夕まつり』を主催する実行委員会(事務局:まちづくり会社・末広開発株式会社)と共に、地域活性の一助になれればとの思いから実現した、新たな取り組みです。

8月1日から7日までの期間中、街中には高さ約20mのジャンボ七夕や、大小1,000本の七夕が街中に華やかに飾り立てられます。

当神社でも明日には青竹などの飾り付けが行われます。

奉納書道展 会場

奉納書道展 会場

あ

 

い

 

う

 

外拝殿軒下の吹流し

外拝殿軒下の吹流し

お

 

か

 

期間中、「願い短冊」コーナーも

期間中、「願い短冊」コーナーも

軽巡洋艦「神通」と射水神社

73年前の昭和18年7月13日、大日本帝国海軍の軽巡洋艦「神通」は、コロンバンガラ島沖海戦に参加、最終的にアメリカ軍駆逐艦の発射した魚雷が命中し、艦長の佐藤寅治郎大佐はじめとする482名の乗員が戦没されました。

神通は、大正11年8月神戸川崎造船所で起工。大正12年12月進水。大正14年7月竣工・就役後、戦没までの間、水雷戦隊の旗艦としての任をよく果たしたと評価されており、昭和18年7月の海戦でも戦闘序盤より、探照灯照射を実施し米艦隊の眼をひきつけたことによって、本来の任務であるコロンバンガラ島輸送作戦を成功に導いています。

戦後70年の節目を迎えた昨年、歴史学者・久野潤氏が当社へ参拝され、軍艦が竣工した当時の社務日誌などの記述によって明らかとなる歴史もあることから、大正期から昭和期にかけての「参拝者芳名録」をご覧いただき、歴代の神通艦長はじめ、副艦長、乗員の芳名が新たに確認されました。

そして、国防の任にあたる軍艦には、神社のご祭神の分霊をいただいて艦内に祀る習慣(艦内神社)があり、この方面での研究・調査が進展し、神通が当初は皇大神宮をお祀りし、その後、当射水神社の分霊を奉祀したことなどが明らかになっています。

祖国のため、家族のためと、尊い命を捧げられた歴史の上に今日の平和は築かれています。先人への感謝と慰霊・顕彰を忘れることなく、日々の生活、神明奉仕に努めなければならないと思う次第です。

 

鳥居奉曳祭より1年

富山県民の皆様方の参加によって行われた当神社第一鳥居ご用材(外宮 板垣北御門)の奉曳行事より1年が経ちました。

実際に奉曳された鳥居の笠木は、高岡市地方卸売市場で1日奉安された後、北陸新幹線新高岡駅を経由し、奉曳出発地である、あいの風とやま鉄道高岡駅前に到着。県内一円より募られた500名超の奉仕者によって、街中を通り、桜花爛漫の参道を進んで、拝殿前へと実に86年ぶりとなる奉曳によって再建されました。

多くの方々のお力添えによって建てられた〝お伊勢さんの鳥居〟を、この1年、たくさんの参拝者がくぐり、お参りをいただきました。

これからも私たち日本人の「心のふるさと」である伊勢の神宮とのご神縁とともに、地域の「絆」の結晶として、大切に守り伝え、語り継いで参ります。

86年ぶりの奉曳によって再建された第一鳥居

86年ぶりの奉曳によって再建された第一鳥居

街中を奉曳されるご用材

街中を奉曳されるご用材

富山県若鳶会による梯子登りの披露

富山県若鳶会による梯子登りの披露

富山県若鳶会による木遣りが響き渡る中、奉揚される笠木

木遣りが響き渡る中、奉揚される笠木

白布綱に列なり見守る奉仕者

白布綱に列なり見守る奉仕者

くぐり初め

くぐり初め

鳥居奉曳再建奉告と特産物奉納

鳥居奉曳再建奉告と特産物奉納

新年度 桜も満開に

新年度となり、気持ちも新たにしております。

さて、二上神が鎮座されております古城公園の桜もほぼ満開となり、見頃を迎えています。

当社拝殿前の枝垂れ桜も目一杯咲き誇っています。

花弁の数が多いのか、ご参拝の方々から「これは何の花ですか?」との質問をよく受けます。

確かに他所で見かける枝垂れ桜に比べると、たわわに咲いている様がとても綺麗です。

夜桜も始まっています。

ぜひ、愛でにいらして下さい。

枝垂れ

枝垂れ桜

up

昨日、ほぼ満開となりました

torii

社号標と桜

torii2

大鳥居前

sidare

4月3日朝、撮影

temizu

大鳥居周辺の桜

haiden

外拝殿大屋根と桜

haiden2

多くの参拝者で賑わっています

futa

二上山をかすかに望む

夜桜

夜桜

ページの先頭へ