ホーム > 神社からのお知らせ

鳥居奉曳祭より1年

富山県民の皆様方の参加によって行われた当神社第一鳥居ご用材(外宮 板垣北御門)の奉曳行事より1年が経ちました。

実際に奉曳された鳥居の笠木は、高岡市地方卸売市場で1日奉安された後、北陸新幹線新高岡駅を経由し、奉曳出発地である、あいの風とやま鉄道高岡駅前に到着。県内一円より募られた500名超の奉仕者によって、街中を通り、桜花爛漫の参道を進んで、拝殿前へと実に86年ぶりとなる奉曳によって再建されました。

多くの方々のお力添えによって建てられた〝お伊勢さんの鳥居〟を、この1年、たくさんの参拝者がくぐり、お参りをいただきました。

これからも私たち日本人の「心のふるさと」である伊勢の神宮とのご神縁とともに、地域の「絆」の結晶として、大切に守り伝え、語り継いで参ります。

86年ぶりの奉曳によって再建された第一鳥居

86年ぶりの奉曳によって再建された第一鳥居

街中を奉曳されるご用材

街中を奉曳されるご用材

富山県若鳶会による梯子登りの披露

富山県若鳶会による梯子登りの披露

富山県若鳶会による木遣りが響き渡る中、奉揚される笠木

木遣りが響き渡る中、奉揚される笠木

白布綱に列なり見守る奉仕者

白布綱に列なり見守る奉仕者

くぐり初め

くぐり初め

鳥居奉曳再建奉告と特産物奉納

鳥居奉曳再建奉告と特産物奉納

コメント

コメントをおよせください。

Sorry, the comment form is closed at this time.

ページの先頭へ