ホーム > 神社からのお知らせ

軽巡洋艦「神通」と射水神社

73年前の昭和18年7月13日、大日本帝国海軍の軽巡洋艦「神通」は、コロンバンガラ島沖海戦に参加、最終的にアメリカ軍駆逐艦の発射した魚雷が命中し、艦長の佐藤寅治郎大佐はじめとする482名の乗員が戦没されました。

神通は、大正11年8月神戸川崎造船所で起工。大正12年12月進水。大正14年7月竣工・就役後、戦没までの間、水雷戦隊の旗艦としての任をよく果たしたと評価されており、昭和18年7月の海戦でも戦闘序盤より、探照灯照射を実施し米艦隊の眼をひきつけたことによって、本来の任務であるコロンバンガラ島輸送作戦を成功に導いています。

戦後70年の節目を迎えた昨年、歴史学者・久野潤氏が当社へ参拝され、軍艦が竣工した当時の社務日誌などの記述によって明らかとなる歴史もあることから、大正期から昭和期にかけての「参拝者芳名録」をご覧いただき、歴代の神通艦長はじめ、副艦長、乗員の芳名が新たに確認されました。

そして、国防の任にあたる軍艦には、神社のご祭神の分霊をいただいて艦内に祀る習慣(艦内神社)があり、この方面での研究・調査が進展し、神通が当初は皇大神宮をお祀りし、その後、当射水神社の分霊を奉祀したことなどが明らかになっています。

祖国のため、家族のためと、尊い命を捧げられた歴史の上に今日の平和は築かれています。先人への感謝と慰霊・顕彰を忘れることなく、日々の生活、神明奉仕に努めなければならないと思う次第です。

 

鳥居奉曳祭より1年

富山県民の皆様方の参加によって行われた当神社第一鳥居ご用材(外宮 板垣北御門)の奉曳行事より1年が経ちました。

実際に奉曳された鳥居の笠木は、高岡市地方卸売市場で1日奉安された後、北陸新幹線新高岡駅を経由し、奉曳出発地である、あいの風とやま鉄道高岡駅前に到着。県内一円より募られた500名超の奉仕者によって、街中を通り、桜花爛漫の参道を進んで、拝殿前へと実に86年ぶりとなる奉曳によって再建されました。

多くの方々のお力添えによって建てられた〝お伊勢さんの鳥居〟を、この1年、たくさんの参拝者がくぐり、お参りをいただきました。

これからも私たち日本人の「心のふるさと」である伊勢の神宮とのご神縁とともに、地域の「絆」の結晶として、大切に守り伝え、語り継いで参ります。

86年ぶりの奉曳によって再建された第一鳥居

86年ぶりの奉曳によって再建された第一鳥居

街中を奉曳されるご用材

街中を奉曳されるご用材

富山県若鳶会による梯子登りの披露

富山県若鳶会による梯子登りの披露

富山県若鳶会による木遣りが響き渡る中、奉揚される笠木

木遣りが響き渡る中、奉揚される笠木

白布綱に列なり見守る奉仕者

白布綱に列なり見守る奉仕者

くぐり初め

くぐり初め

鳥居奉曳再建奉告と特産物奉納

鳥居奉曳再建奉告と特産物奉納

新年度 桜も満開に

新年度となり、気持ちも新たにしております。

さて、二上神が鎮座されております古城公園の桜もほぼ満開となり、見頃を迎えています。

当社拝殿前の枝垂れ桜も目一杯咲き誇っています。

花弁の数が多いのか、ご参拝の方々から「これは何の花ですか?」との質問をよく受けます。

確かに他所で見かける枝垂れ桜に比べると、たわわに咲いている様がとても綺麗です。

夜桜も始まっています。

ぜひ、愛でにいらして下さい。

枝垂れ

枝垂れ桜

up

昨日、ほぼ満開となりました

torii

社号標と桜

torii2

大鳥居前

sidare

4月3日朝、撮影

temizu

大鳥居周辺の桜

haiden

外拝殿大屋根と桜

haiden2

多くの参拝者で賑わっています

futa

二上山をかすかに望む

夜桜

夜桜

梅だより ~第4号~ 見ごろです!

当社の梅が見ごろを迎えています。

伺いますと、「射水神社の梅が綺麗だから、見に行っておいで」との噂を聞きつけ、お参りに訪れている方も少なくないようです。

もう数日、私たちの目を楽しませてくれそうですので、まだの方もぜひご覧にいらして下さい。

手水舎からの景

手水舎からの景

晴天のもと

晴天のもと

紅白の共演

第一鳥居手前の梅

紅梅と白梅の共演

紅梅と白梅の共演

【速報】梅だより ~第3号~

気温23度を記録し、ご神木の紅梅も数輪咲きました!

白梅との共演が楽しみです。

紅梅(午前)

紅梅(午前 撮影)

紅梅(午後 撮影)

紅梅(午後 撮影)

白梅

白梅

すっかり春の陽気に 読売茶会も

ついこの間までは雪も降っておりましたが、すっかり冬の気配も去り、桜が開花する頃の暖かさとなっています。

今日3月6日は、二十四節気のひとつ「啓蟄(けいちつ)」です。
「啓」は「開く」の意、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意で、虫たちが冬眠から目覚め、活動を始める頃という意味だそうです。

白梅は次々と花を開かせ、紅梅の方もつぼみをぷっくりと膨らませ、開花はまもなくのようです。

また、本日当社では、読売新聞北陸支社様による「読売茶会」が行われており、先程「供茶の儀」を奉仕、境内も大変賑わっています。

御神木

御神木

ぷっくりと膨らんだつぼみ

ぷっくりと膨らんだつぼみ

昨日の境内

昨日の境内

白梅

白梅

供茶の儀

読売茶会「供茶の儀」

神前に供されたお茶とお菓子

神前に供されたお茶とお菓子

弥生朔日祭を斎行

早いもので、弥生の3月となりました。

暦の上では春とはいえ、北陸・富山の3月は、まだまだ雪に油断できません。

昨日からの天候で、屋根や木々にはずっしりと雪が積もっています。

さて、本日10時より恒例の「朔日祭」を執り行い、大前には月毎の「つきたて菓子」をお供えしました。

当月のお菓子は「花かさね」と、明後日、3月3日のひなまつりにちなみ「いちごひな」をご用意いたしました。

人気和菓子のひとつとなった「いちご大福」は実に絶妙な味わいで、祭典後の茶寮では雪化粧した梅のつぼみを愛でながら、つきたて菓子を召し上がり、暖かい春の訪れを待ち侘びる参拝者の姿が見られました。

お祓い

お祓い

お供え物を献る

お供え物を献る

玉串を奉る

玉串を奉る

「花かさね」と「いちごひな」

「花かさね」と「いちごひな」

外拝殿の大屋根

外拝殿の大屋根

雪に覆われた梅のつぼみ

雪に覆われた梅のつぼみ

 

梅だより ~第2号~

昨日の好天から一転、雪となりました。

白い雪に映える紅色のつぼみも、とても綺麗です。

ぜひ、ご覧下さい。

社殿、鳥居と梅

社殿、鳥居と梅

あ

開花が待たれます

い

つぼみ

現在の境内

現在の境内

どんどん本降りとなってきました

どんどん本降りとなってきました

梅だより ~初回~

梅の咲き具合が毎朝気になる季節となって参りました。

樹齢400年以上ながら、毎年私たちの心を和ませ、目を楽しませてくれる紅梅と、白梅の開花状況を今年も「梅だより」でお知らせいたします。

さて、好天に恵まれ、多くの参拝者で賑わった本年のお正月でしたが、年末には古城公園内の梅苑の梅がすでに数輪咲いているのを見かけ、驚きました。

本日の午後、撮影した当社の梅です。

紅梅がつぼみを膨らませつつある中、白梅はもう咲き始めました!

紅梅

紅梅

つぼみ

つぼみ

白梅 咲きました!

白梅 咲きました!

福男と福女が節分の豆まき

2月3日、午後3時より行われた「節分祭」では、福男・福女によって、賑やかに「豆打ちの儀」である豆まきが営まれ、150名を超える参拝者で拝殿が溢れました。

 

当社では、年男や年女、或いは厄年の男女に「福男」「福女」の役をおつとめいただいており、本年は福男3名、福女4名の奉仕のもと、一同が「福は内、鬼は外」と声高らかに唱えながら、一年の開運や健康を祈念しました。

 

「節分」といえば、「2月3日!」という方も多いのではないでしょうか。

実は、暦の上で一年は立春・立夏・立秋・立冬の四季に分かれ、それぞれの前日が「節分」です。つまり、本来四度ある節分が、冬から春へと移る立春前日のみが特に強調されて、現在のようなかたちへとなっていったようです。

拝殿で行われた豆打ちの儀

拝殿で行われた豆打ちの儀

ページの先頭へ